花やす

胡蝶蘭、スタンド、ブーケ、などフラワーギフトにこだわりを持つ花屋です

2017年03月

ミモザ

2017年3月22日    ,   , , , , , ,

ミモザの花言葉

ミモザの花言葉は「優雅」「友情」「秘密の愛」

ミモザはマメ科の常緑高木で、フランスでは「ミモザ」の名で親しまれています。

ミモザについて

科・属  マメ科・アカシア属
和名 ミモザ,房(フサ)アカシア,銀葉(ギンヨウ)アカシア
英名  Mimosa Silver wattle
学名  Acacia baileyana
原産地  オーストラリア
出回り期  3月~4月

ミモザの花言葉の由来

ミモザの花言葉「秘密の愛」の由来は、若いインディアンの男女が愛を告白するとき、

ミモザ(アカシア属)の花を使ったことからきていると言われています。

 

ミモザの花名の由来

ミモザは本来オジギソウ属(Mimosa)を指す名前でしたが、アカシア属のフサアカシアの葉がオジギソウのものに似ていることから、

フサカアカシアがミモザと呼ばれるようになりました。

 

モッコウバラ

2017年3月8日    ,  

モッコウバラ(木香薔薇・木香茨)

 

 

 

 

 

 

 

 

科名 バラ科
属名 バラ属
学名 Rosa banksiae
別名 木香薔薇・木香茨
みずやり 水控え目
場所 外の半日蔭

 

水やりと肥料

土が乾いていたら水をたっぷりとやってください。

肥料
花が終わって(6月以降)から固形肥料(骨粉・油粕)を9月まで月に二回与えてください。

この肥料は株の充実を促し、翌年の花芽に影響します。4月に肥料が残らないように9月で止める。それ以降はやらない。

翌年開花する花芽は8月に出来ます。花が終わって以降にしっかりと肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけがよく水持ちのよい一般的な培養土が適しています。

自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。庭に植える場合は堆肥を混ぜておきます。

●鉢植えにする場合、土には緩効性固形肥料を混ぜておきます。
●生育が早いので鉢植えにはあまり適していません。

挿し木について
モッコウバラは接ぎ木していないので、挿し木すると同じ株が増やせます。ただモッコウバラは樹勢が強いので株を増やす必要はほぼ無いでしょう。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。多少日陰でも生育はしますが花つきが違います。
寒冷地では向かない
モッコウバラは通常のバラより寒さに弱いので寒冷地での栽培は難しいです。

ブバルディア

2017年3月6日    ,   , , , , , , ,

ブバルディア

花言葉は、清楚、羨望

誕生花 12月 16日

花の特徴
集散花序に管状の花をつけ、花冠は4裂し、一重と八重咲きがあります。
葉の特徴
葉は卵形または披針形で無毛で、対生する。

 

別名 ブバリア。初夏の花後、切り戻す事により秋にも開花する。また切花としての需要から、日長操作により、周年栽培されています。
開花時期
4~6月、10~11月
花の色
白、橙、ピンク、赤
分布
熱帯アメリカ、メキシコなどに分布している。
生育地
庭植え、鉢植え
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
30~100センチ
分類
アカネ科 ブバルディア属

なでしこ

2017年3月4日    ,   , , , , , ,

ナデシコは、一年草と宿根草の2種類があり、宿根草の方が管理しやすくおすすめです。

種まき

ナデシコの種は種は比較的発芽しやすく、育ちやすいので、育苗ポットや箱に種をまいて育てていきます。

9〜10月が種まきの適期で、用土は市販の種まき用土か赤玉土(極小粒)、ピートバンに種が重ならないようばらまきにしていきます。

種は小さいので、薄く覆土し、深植えにならないように注意してください。

苗植え

ナデシコは生育旺盛な植物なので、鉢植えの場合は、苗よりも二回り大きな鉢に植え付けます。

このとき、鉢を小さめのものにしてしまうと、すぐに根が回って根腐れを起こしてしまうので注意してください。

有機質に富んだ水はけのいい用土を好むので、鉢の底に鉢底石を敷き、

 

庭植えにする場合は、事前に深さ20~30cmほど庭土を掘り起こし、腐葉土を3割程度と軽石、

鹿沼土などを1割混ぜ込んで水はけをよくしておきましょう。

そして、元肥として緩効性肥料を施してから根鉢の肩を1cmくらい出して植え付けます。

 

水やり

乾燥気味な環境を好みます。

そのため、土の表面が乾燥して白っぽくなってから1~2日後にたっぷりと水を与えるようにしてください。

水を与えすぎると、根腐れを起こして枯れてしまいます。

肥料

リン酸とカリウム分の多い液体肥料を週に1回程度施すか、

固形の化成肥料を月に1回施してあげてください。ナデシコは、年間を通して肥料を施す必要があり、

四季咲きの品種は特に肥料が切れると花つきが悪くなるので注意してください。