花やす

胡蝶蘭、スタンド、ブーケ、などフラワーギフトにこだわりを持つ花屋です

2017年06月

りんどう

2017年6月28日    ,   , , , , , ,

◆日常の手入れ
茶色く変色した花はそのままにしておくと、株が疲れることがありますので、タネを採集しない場合は花茎の付け根から摘み取るようにしましょう。

冬を迎える頃に茎葉が枯れて地下の根の状態で冬越しをします。

 

◆日当たり・置き場所
できるだけよく日の当たる場所で育てましょう。

よく日に当てることで枝葉もしっかりした丈夫な株になり、花付きも良くなります。

葉は元気なのに花が付かない場合、第一の原因は「日照不足」の場合が多いです。

暑さと乾燥にやや弱いので、真夏は直射日光を避けた明るい日陰のほうがよいです。

暑さに弱い反面、耐寒性は強く霜や寒風に気をつければ屋外で冬越しできます。

 

◆水やり・肥料
土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。特に真夏は乾きやすいので水切れには気をつけましょう。

水切れを起こしてしまうと、葉が下の方から枯れてきます。開花中は株元から静かに水を与えます。

少し与えるとよく育ちます。芽の出る頃から真夏の暑さがくる手前まで、月に2回程度液体肥料を与えます。

◆用土
水はけのよい酸性土が適しています。

◆かかりやすい病害虫
病気 さび病 ・害虫 ネコブセンチュウ アブラムシ ヨトウムシ

トレニア

2017年6月27日    ,   , , , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ ポイント

花が枯れたあとや茶色くなって枯れた下葉はこまめに摘み取り、株をキレイにしておきましょう。

花が一通り咲き終わった頃にも同様の作業を行うと秋にも花を楽しむことができます。

◆花を長く楽しむコツ
開花期間の長い草花なので、上手に育てると初夏~秋まで長期間花を楽しむことができます。

 

◆日当たり・置き場所
日当たりの良い場所のほうが花つきも生育も良いでしょう。

良く日に当てて育てましょう。土の乾燥に弱い性質があります。

真夏は直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で育てると生育がよく、株が蒸れることもありません。

一年草タイプは11月頃には枯れてしまいます。

◆水やり・肥料
やや湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

真夏に水切れさせてしまうと生育が衰えて、花も咲かなくなることがあります。

◆用土
水はけの良い土を好みます。鉢植えの場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

◆かかりやすい病害虫
アブラムシ

ポーチュラカ

2017年6月26日    ,   , , , , ,


◆季節・日常の手入れ
1つの花は1日でしぼんでしまうので、枯れた花がらは花首のところから取り除きます。

茎が間延びしてしまったら、茎を半分くらいに切り戻すとワキから芽が出て生長し、再び花がよく咲くようになります。

◆日当たり・置き場所ポイント
日当たりの良いところで育てましょう。日当たりが悪いと茎が間延びして花つきも悪くなります。

水やり・肥料
乾燥気味の土を好みます。水をやりすぎると、根ぐされをおこします。

やせ地の方がよく育つので肥料はさほどたくさんいりません。

◆用土
水はけの良い土が適しています。

タネまきの適期は4月下旬~5月頃です。発芽率は比較的高いですが、発芽温度が20℃~25℃と比較的高いのであまり早くまきすぎないようにしましょう。

かかりやすい病害虫
あまりありませんが、アブラムシ

ケイトウ

2017年6月24日    ,   , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ
夏の間に花が咲いたあと、やや短めに丈を切り詰めるとワキから芽が伸びてきて秋にも花を咲かせます。

◆日当たり・置き場所
日照不足になると花色が冴えません。真夏の暑さにも十分耐えるので、たっぷりと日の当たる場所でそだてましょう。

水やり・肥料
生育旺盛で花も開花する夏に水切れさせてしまうと、成長が著しく衰えるので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。以降は花が咲き出す頃に少量の肥料をやる程度で十分です。

◆用土
鉢やコンテナでは赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

◆植え替え・植え付け ポイント
一年草で花後には枯れるので、植え替える必要はありません。

◆病気 立ち枯れ病 害虫 アブラムシ ヨトウムシ

アブラムシが付くことがあるので、見つけ次第薬剤を散布して駆除します。ヨトウムシは夜行性で、茎葉を食い荒らす害虫です。

ヤマゴボウ

2017年6月23日    ,   , , , , ,

ヤマゴボウ

 

 

花言葉|野生、元気、内縁の妻 誕生花|9月 16日

花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をつける。
花径は5ミリくらいで、淡い紅色を帯びるものもある。
日本へは明治時代のはじめに渡来し野生化した。
根が牛蒡(ゴボウ)に似ているというので山牛蒡(ヤマゴボウ)で、西洋のものなので洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)と名づけられた。
別名をアメリカ山牛蒡(アメリカヤマゴボウ)ともいう。
開花時期
6~9月
花の色
生育地
道ばたや空き地
植物のタイプ
多年草
大きさ・高さ
1~2m 茎は紅紫色をしている。

 

分類
ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属

アガパンサス

2017年6月21日    ,  

アガパンサス(紫君子蘭)

科・属名: ヒガンバナ科アガパンサス属

※クロンキスト体系(旧分類)ではユリ科に分類

学名: Agapanthus africanus

和名: アガパンサス

別名: 紫君子蘭(ムラサキクンシラン)

英名: African lily, Agapanthus

原産地: 南アフリカ

 

アガパンサスは、毎年花を咲かせる多年草です。

冬でも葉が枯れない常緑種と、枯れて休眠する落葉種の2タイプがあります。

「Agapanthus(アガパンサス)」という名は、ギリシャ語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源となっています。

故に「愛の花」という意味があります。

 

◆花言葉

「恋の訪れ」「ラブレター」「知的な装い」

 

桔梗

2017年6月21日    ,   , , , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ ポイント
初夏に一通り花が咲き終わった後、茎を株元から1/3~半分くらいの位置で切り戻しを行います

◆日当たり・置き場所
日当たりよい場所が適しており、半日くらい日が当たれば問題なく育ちます。暑いのが苦手なので、夏は明るい日陰など、

直射日光の入らない場所に置きましょう。

耐寒性があり、凍結などで根がダメージを受けなければ特になにもせずに冬越しします。

◆水やり・肥料
水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。庭植えは真夏に乾くとき以外は必要ありません。

◆用土
有機質に富んだ水はけの良い場所が適しています。やや酸性気味の土を好むので、酸性を中和させる石灰を混ぜる必要はありません。

◆かかりやすい病害虫
害虫 アブラムシ ハダニ センチュウ

クルクマ

2017年6月19日    ,   , , , , , , ,


花名・花言葉の由来

花名の由来

属名(ウコン属)の学名「Curcuma(クルクマ)」は、アラビア語の「kurkum(黄色)」が語源となり、

根茎が黄色い染料の原料として使われたことに由来するといわれます。

通常「クルクマ・シャローム」の名で流通しています。英語では「Siam tulip(シャム(タイの旧名)のチューリップ)」とも呼ばれています。

花言葉の由来

上品なハスにも似た幻想的な花を咲かせるクルクマ。花言葉は「あなたの姿に酔いしれる」

 

クルクマ誕生花

8月22日

 

クルクマの本当の花

クルクマの花びらにみえるピンクや白い部分は花を守る苞(ほう)(つぼみを包んでいた葉)です。

本当の花は苞の中に隠れるように咲きます。

クルクマの開花時期

旬の季節: 
開花時期: 8月~9月

 

名称・原産地

科・属名: ショウガ科ウコン属
学名: Curcuma alismatifolia
和名: クルクマ・アリスマティフォリア
別名: クルクマ・シャローム、鬱金(ウコン)
英名: Siam tulip
原産地: 東南アジア

チンシバイ

2017年6月14日    ,   , , , , ,

 

開花時期6~8月

花の色
名前の読み
にわななかまど(ちんしばい)
分布
原産地は中国の北部
生育地
庭木
植物のタイプ
樹木
大きさ・高さ
3~4メートル
学名
Sorbaria kirilowii
分類
バラ科 ホザキナナカマド属

【チンシバイとは】

・別名「ニワナナカマド」でも知られる中国原産の落葉低木。ナナカマドと似たような葉を持つが、

それほど大きくならないため、庭植えできるナナカマドとして命名されました。

・6月から8月に清楚な花を咲かせる。開ききる前の花は白玉のようで特に美しく、切花としても使われる。

 

【育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばず丈夫に育ちます。病害虫の被害もほとんどありません。

・基本的には冷涼な場所を好みます。

・多少の日陰でも育つため、大木の根元に植える花木として好まれる。

・ナナカマドに比べれば格段に成長が早いものの、刈り込みバサミで丸く刈るような手入れは向かない。

また、春以降に伸びた新芽に開花するため、3月~5月に剪定すると花を鑑賞できなくなる可能性が高い。

父の日

2017年6月9日    ,  

父の日とは父に感謝する日で、6月の第3日曜日とされています。

 

◆起源

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。

父親が亡くなった後、墓前に白いバラを捧げたことから、父の日にはバラを贈るようになりました。

 

◆プレゼント

父の日も母の日と同様、父親が亡くなった人は白いバラを、父親が存命の人は赤いバラを送るのが一般的です。

しかし、日本では黄色いものを贈るという風習があります。

1981年、日本では「日本ファーザーズデイ委員会」というのが結成されました。

これが映画「黄色いハンカチ」に触発され、「幸福」と「希望」の象徴である「黄色」をイメージカラーとしました。

そして父親に黄色いリボンを贈ることが提唱され、広められた為、黄色いものを贈っても良いとされています。

 


 

今年2017年の父の日は、6/18(日)です。

日頃の感謝を込めて、父親にバラを贈ってみませんか。