フルールドロアン(花やす)

胡蝶蘭、スタンド、ブーケなど、フラワーギフトにこだわりを持つ花屋です

切り花観葉植物

観葉植物クリスマスローズ

2018年1月19日    , ,   , , , , , , , ,


 

◆日当たり・置き場所  ポイント

秋から冬によく日が当たり真夏は日陰になるような場所が適しています。

寒さには強いですが、乾いた寒風や霜に当たると葉や芽が傷むので注意しましょう。。

◆水やり・肥料
生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。半休眠期はさほど根が水分を要求しないので、土を多湿にしないように気をつけます。

しかし真夏は乾きやすいので極端な乾燥状態にならないようにしましょう。

肥料は冬から春にかけて、草花に与えるのと同じくらいの濃さの液体肥料を10日に1回程度定期的に与えます。

◆用土
水はけのよい用土が適しています。

◆植え替え・植え付け
植え替えの適期は10月~3月頃です。鉢植えは毎年一回り大きな鉢に植え替えます。それ以上株が大きくできない場合は株分けを行います。

◆ふやし方
株分けで増やすことができます。あまり細かく分けすぎると再び開花するまで時間がかかることがあるので、1株が3芽以上になるように分けます。

◆かかりやすい病害虫
害虫 灰色カビ病 ブラックデス

 

観葉植物グラマトフィラム

2017年7月5日    ,   , , , , , , ,


夏の恋人 グラマトフィラム

清涼感のある花は、暑い時期でも2ヶ月近く咲き続けますので、夏のギフトとして特ススメです。

一つの花茎に小輪の花が100輪以上咲く種類なので、見た目もボリュームいっぱいです。

茎が柔らかいので、鉢花としては多くの仕立てアレンジが可能で、

「スタンダード」「ハート」「ダブルハート」「うずしお」などの仕立てが人気です。

「開店祝い」「開業祝い」「就任祝い」「栄転祝い」「退職祝い」「御中元」「記念日」

「長寿祝い」「御供え」等々、幅広い贈答需要にたいへん喜ばれております。

観葉植物ケイトウ

2017年6月24日    ,   , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ
夏の間に花が咲いたあと、やや短めに丈を切り詰めるとワキから芽が伸びてきて秋にも花を咲かせます。

◆日当たり・置き場所
日照不足になると花色が冴えません。真夏の暑さにも十分耐えるので、たっぷりと日の当たる場所でそだてましょう。

水やり・肥料
生育旺盛で花も開花する夏に水切れさせてしまうと、成長が著しく衰えるので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。以降は花が咲き出す頃に少量の肥料をやる程度で十分です。

◆用土
鉢やコンテナでは赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

◆植え替え・植え付け ポイント
一年草で花後には枯れるので、植え替える必要はありません。

◆病気 立ち枯れ病 害虫 アブラムシ ヨトウムシ

アブラムシが付くことがあるので、見つけ次第薬剤を散布して駆除します。ヨトウムシは夜行性で、茎葉を食い荒らす害虫です。

観葉植物ローズゼラニューム

2017年6月3日    ,   , , , , , , ,


特徴

ゼラニウムの中で、最も代表的な種がローズゼラニウムです。香りがバラの香りで、

多岐にわたって利用されていまます。性質は大変強く、挿し木で簡単に増やすことができます。

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 30~100cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通
花色 ピンク系濃淡
開花時期 5月~7月

日常のお手入れ

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所で育てます。

水やり

ローズゼラニウムは水分をあまり欲しがりません。水やりを行う際は土が乾ききってから行ってください。

肥料

開花期に追肥を行います。

病害虫

ローズゼラニウムは虫が嫌いな成分を分泌しています。そのため害虫がほとんど近寄らないでしょう。

 

 

観葉植物カンパニュラ

2017年4月10日    ,   , , , , , , , ,

カンパニュラ(風鈴草)の基本情報

 

 

カンパニュラは多年草のものがほとんどですが、一、二年草のものも存在します。

カンパニュラとはラテン語で「釣鐘」を意味します。

色は紫や白、うすピンクや青系など寒色系が多いです。

葉は地面と平行に、張り付くようにして生えるのが特徴です。草丈は30㎝から100㎝まで。

 

カンパニュラ(風鈴草)の花言葉

「感謝」「誠実」「節操」「誠実な愛」「想いを告げる」

 

科・属 キキョウ科ホタルブクロ属
和名 カンパニュラ,風鈴草(フウリンソウ)
英名 Bellflower
学名 Campanula
原産地 ヨーロッパ
出回り時期 3月~10月
育てやすさ ★★★★☆

 

カンパニュラ(風鈴草)の品種・種類

カンパニュラは現在300種類超の品種が存在しています。。

カンパニュラ(風鈴草)の育て方

用土

市販の園芸用、用土で十分対応できます。カンパニュラは酸性の土と相性が悪く生育があまり見込めません。酸性土は避けましょう。

苗の選び方

カンパニュラは種類が豊富な為、その種類によって苗、茎や葉の成長の仕方も違います。

しかし共通して言えることは、葉に黄色や茶色などの変色が無いこと。葉が伸びすぎてだれきって無い事です。

 

植え付け

鉢植えの場合は、大きめの鉢を選びましょう。大きく成長するカンパニュラは植え替えを好みません。

 

水やり

カンパニュラは湿気が苦手。なので、土が少し乾燥しているくらいが丁度よいでしょう。

夏の暑い時期は土が乾いたら水をやってください。

追肥

花が咲くころに栄養が必要となります。3月~9月頃に追肥を行いましょう。

頻度は週1回。液体肥料を与えるのが効果的です。週1回を忘れてしまうようなら、挿しっぱなしで栄養を与えられる液体肥料の購入をオススメします。

剪定

花が付いているときに剪定は行わず、花が咲き終わった後、花殻を摘み取りましょう。

 

収穫

花が咲き終わり、花殻を摘まずにいるとだんだん茶色くなりついに種の入る袋が完成します。

しばらく経てば大きくなり、種が出来上がるのです。黒い小さな粒がカンパニュラの種。

自分で種まきをしたい方は、花の咲き終わった7月~8月頃収穫を試みてください。

病害虫

乾燥した時期にやって来るのが「ハダニ」です。ハダニが寄生すると折角の花や葉、茎が荒らされ、食いつかれてしまいます。

しかし、ハダニが付くことを予防するのは難しくありません。乾燥させない様に葉を濡らしてやれば良いのです。葉っぱに水を掛けるだけで予防出来ます。