フルールドロアン(花やす)

胡蝶蘭、スタンド、ブーケなど、フラワーギフトにこだわりを持つ花屋です

トレニア

2017年6月27日    ,   , , , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ ポイント

花が枯れたあとや茶色くなって枯れた下葉はこまめに摘み取り、株をキレイにしておきましょう。

花が一通り咲き終わった頃にも同様の作業を行うと秋にも花を楽しむことができます。

◆花を長く楽しむコツ
開花期間の長い草花なので、上手に育てると初夏~秋まで長期間花を楽しむことができます。

 

◆日当たり・置き場所
日当たりの良い場所のほうが花つきも生育も良いでしょう。

良く日に当てて育てましょう。土の乾燥に弱い性質があります。

真夏は直射日光を避けて風通しの良い明るい日陰で育てると生育がよく、株が蒸れることもありません。

一年草タイプは11月頃には枯れてしまいます。

◆水やり・肥料
やや湿り気のある土を好みます。土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。

真夏に水切れさせてしまうと生育が衰えて、花も咲かなくなることがあります。

◆用土
水はけの良い土を好みます。鉢植えの場合は赤玉土(小粒)7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

◆かかりやすい病害虫
アブラムシ

ケイトウ

2017年6月24日    ,   , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ
夏の間に花が咲いたあと、やや短めに丈を切り詰めるとワキから芽が伸びてきて秋にも花を咲かせます。

◆日当たり・置き場所
日照不足になると花色が冴えません。真夏の暑さにも十分耐えるので、たっぷりと日の当たる場所でそだてましょう。

水やり・肥料
生育旺盛で花も開花する夏に水切れさせてしまうと、成長が著しく衰えるので土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

肥料は植え付ける際にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきます。以降は花が咲き出す頃に少量の肥料をやる程度で十分です。

◆用土
鉢やコンテナでは赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を使用します。

◆植え替え・植え付け ポイント
一年草で花後には枯れるので、植え替える必要はありません。

◆病気 立ち枯れ病 害虫 アブラムシ ヨトウムシ

アブラムシが付くことがあるので、見つけ次第薬剤を散布して駆除します。ヨトウムシは夜行性で、茎葉を食い荒らす害虫です。

クルクマ

2017年6月19日    ,   , , , , , , ,


花名・花言葉の由来

花名の由来

属名(ウコン属)の学名「Curcuma(クルクマ)」は、アラビア語の「kurkum(黄色)」が語源となり、

根茎が黄色い染料の原料として使われたことに由来するといわれます。

通常「クルクマ・シャローム」の名で流通しています。英語では「Siam tulip(シャム(タイの旧名)のチューリップ)」とも呼ばれています。

花言葉の由来

上品なハスにも似た幻想的な花を咲かせるクルクマ。花言葉は「あなたの姿に酔いしれる」

 

クルクマ誕生花

8月22日

 

クルクマの本当の花

クルクマの花びらにみえるピンクや白い部分は花を守る苞(ほう)(つぼみを包んでいた葉)です。

本当の花は苞の中に隠れるように咲きます。

クルクマの開花時期

旬の季節: 
開花時期: 8月~9月

 

名称・原産地

科・属名: ショウガ科ウコン属
学名: Curcuma alismatifolia
和名: クルクマ・アリスマティフォリア
別名: クルクマ・シャローム、鬱金(ウコン)
英名: Siam tulip
原産地: 東南アジア

千日紅

2017年6月7日    ,   , , , , , ,


センニチコウの仲間は、花そのものではなく色づく苞を観賞します。

暑さと乾燥に強く、長期間咲き続けます。

庭や花壇、鉢に植えて育てたものが、切り花としてよく飾られます。

 

苞の部分はドライフラワーにしても色があせにくいです。
センニチコウの仲間は、タネをまいて育てますが、発芽には比較的高温が必要なので、

早まきしても芽が出にくく、5月ごろが適期です。
なお、センニチコウは一年草ですが、キバナセンニチコウは地下に球根をつくり、

3℃程度保てば冬越しできる多年草です。

ローズゼラニューム

2017年6月3日    ,   , , , , , , ,


特徴

ゼラニウムの中で、最も代表的な種がローズゼラニウムです。香りがバラの香りで、

多岐にわたって利用されていまます。性質は大変強く、挿し木で簡単に増やすことができます。

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 30~100cm
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通
花色 ピンク系濃淡
開花時期 5月~7月

日常のお手入れ

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所で育てます。

水やり

ローズゼラニウムは水分をあまり欲しがりません。水やりを行う際は土が乾ききってから行ってください。

肥料

開花期に追肥を行います。

病害虫

ローズゼラニウムは虫が嫌いな成分を分泌しています。そのため害虫がほとんど近寄らないでしょう。