花やす

胡蝶蘭、スタンド、ブーケ、などフラワーギフトにこだわりを持つ花屋です

サルスベリ

2018年10月2日    ,   , , , , ,

 

夏を代表する花木の一つです。

新梢を伸ばしながら枝先に花芽をつくり、夏から秋にかけて次々と開花します。

枝の生育にばらつきがあるので、「百日紅」の別名通り、開花期が長期間となります。

花色は白、紅、紫、ピンクなどがあります。

樹皮が所々はがれて表面が滑らかになり、木登りが得意な猿さえ滑り落ちて登れないことから、サルスベリという名前がつきました。

 

◆日当たり・置き場所

一年を通して、日当たりの良い場所で育てましょう。

日当たりが悪いと花つきが悪くなり、日陰で育てるとほとんど花が咲きません。

暑さには強い植物ですが、少々寒さに弱い性質があります。

 

◆水やり

地植えは植え付けた直後根付くまでの間、炎天下の日が2週間以上続く場合は、多少水をやりますが、それ以外は水をやる必要はありません。

鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

 

 

エバーフレッシュ

2018年7月19日    ,   , , , , ,

 

エバーフレッシュは4~9月に黄色い花を咲かせ、その後真っ赤な実に黒い種をつけます。

花後に赤い実(さや)をつけることから、「アカサヤネムノキ」という別名があります。

その涼しげで、軽やかな葉が最大の魅力ですが、実は合歓(ねむ)の木の仲間です。

合歓の木同様マメ科なので、昼は葉を広げ、夜になると閉じるといった変化を楽しむこともできます。

環境適応能力が高いという特徴はありますが、同時に葉を落としやすい、水やりと冬越しに注意が必要といった育て方のポイントもあります。

 

◆日当たり・置き場所

屋外の場合、春~秋にかけて屋外で管理することができますが、夏の直射日光を当ててしまうと、刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので、50%~70%の遮光をしてください。

耐陰性があるので、屋内でも大丈夫です。

しかしその場合、日光がよく当たった方が健康な株になるので、なるべく日光が当たる場所に置いてください。

屋内だからといって直射日光を当ててしまうと葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテン越し程度の日光を当てて下さい。

 

◆水やり

エバーフレッシュは気温が低くなると休眠するので、季節や気温(室温)によって水やりのタイミングを変える必要があります。

○気温が15℃以上のとき

主に春~秋の成長期では土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにします。

 

○気温が15℃以下のとき

気温が15℃前後を切ってくると、成長が緩慢になってきます。

そのため、水をあまり必要としなくなるので、水やりの回数を減らします。

土の表面が完全に乾燥してから2~3日後に水やりをしてください。

乾燥させて樹液の濃度を高めることで、耐寒性を上げる事が出来ます。

 

初雪草

2018年7月5日    ,   , , , , ,

 

初雪草は、北アメリカに分布するトウダイグサ科の一年草です。

花期は7月~10月で、真っ直ぐに伸びた茎の頂部に、小さな花を咲かせます。

花弁のように見える部分は葉が変化した総苞片と呼ばれるもので、4個が集まって杯状になっています。

中心には、1つの雌花とそれを取り囲む4個の雄花があり、どちらの花にも花弁はありません。

このような花の構造はトウダイグサ科の植物に多く見られる特有の形で、杯状花序(ハイジョウカジョ)と呼ばれます。

 

◆日当たり・置き場所

日当たりが良く、水はけの良い場所が適しています。

日照時間が足りないと、徒長して倒れやすくなり、また、葉色が鈍ることもあります。

しっかりと日の当たる場所で育ててください。

 

◆水やり

庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫ですが、雨が降らず長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。

鉢植えの場合は、用土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

乾燥にはある程度絶えられる植物ですが、ひどく乾燥させてしまうと生育が極端に悪くなるので気を付けましょう。

ユーフォルビア

2018年6月19日    ,   , , , , ,

 

ユーフォルビア属の原種は2000種以上あり、形態も一年草、宿根草、多肉植物、低木と様々です。

そのなかでも、近年、「白雪姫」や「ダイアモンド・フロスト」といった、まるで白い花が咲いているような、非耐寒性低木が注目されています。

観賞する白い部分は、ポインセチアなどと同様、苞と呼ばれる花序のすぐ下の葉で、本当の花は目立ちません。

バラに添える白いカスミソウのように、名わき役としてどんな植物にもよく合います。

温室で周年生育させると、高さ2~3mになりますが、家庭ではコンパクトに仕立て、ほかの植物との寄せ植えに用いると味が出ます。

なお、「白雪姫」は冬に、「ダイアモンド・フロスト」は初夏から秋に開花する点で大きく異なります。

 

※ユーフォルビアの仲間は、茎や葉の切り口から出る白い液に触れるとかぶれることがあります

 

◆日当たり・置き場所

庭植えではなく、鉢での栽培の方が適しています。

5月から10月は、戸外で育てましょう。

日当たりを好みますが、夏は明るい半日陰で育てます。

耐寒性がないので、最低気温が10℃を下回る頃、暖かい室内の窓辺に移します。

低温にあうと落葉し、枯死してしまうからです。

「白雪姫」は短日性が強いので、花芽がつく9月下旬までは夜間照明の当たらない自然条件下で育てましょう。

 

◆水やり

5月から9月の成長期には、鉢土が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。

秋以降は徐々に乾かし、冬は鉢土がよく乾くまで水やりを控えます。

低温期の過湿は根腐れを招くので、鉢受け皿に水をためないように気を付けましょう。

 

 

ヒマワリ

2018年5月25日    ,   , , , , , ,

 

ヒマワリは、明るく鮮やかな黄色い花が元気を与えてくれる植物です。

花は黄色系の舌状花と、黒や茶色、黄色などの管状花からなり、小輪から大輪、一重咲きや八重咲きの品種など多種多様です。

観賞以外にも、タネを炒って食用にしたり、油を搾ったり、飼料に利用することもあります。

ポット苗も流通しますが、種が大きいので蒔きやすく、簡単に育てることができます。

 

◆日当たり・置き場所

日当たりと水はけのよい場所で育てます。

日が当たらないと弱々しくなりますので、しっかり日の当たる場所に植えてください。

腐植質に富む土壌を好むので、牛ふん堆肥や腐葉土を施して、よく耕しておくと良いでしょう。

 

◆水やり

発芽から生育初期にかけては、十分に根を張らせるため、表土が乾いたらたっぷりと水やりしましょう。

そして生育とともに、徐々に水やりを減らしていきます。

ただし、葉が大きくて草丈が高くなる品種は、夏に葉がしおれやすくなるので、ほぼ毎日の水やりが必要になります。

 

☆注意☆

生育がいいとヒマワリの花がとても重くなり、10月頃にに支えきれずに倒れてしまうことがあり、危険です。

適当な高さに育ったら、ヒマワリの一番先を摘んでしまいましょう。

それ以上大きくならず、脇から芽が出てきて、花を咲かせます。

 

 

ローダンセマム

2018年5月24日    ,   , , , , ,

 

ローダンセマムは、筒状花が茶褐色でピンクから白の舌状花を咲かせるガヤヌム種、それよりも一回り大きな花を咲かせるホスマリエンセ種が多く流通しています。

また、ガヤヌム種とホスマリエンセ種との交雑によると思われる改良品種の流通が増えています。

姿はマーガレットによく似ていますが、氷点下になると傷んでしまうマーガレットに比べて低温に強く、-10℃程度まで戸外で育てることができます。

しかし、高温には弱く、夏は生育を休止してしまいます。

生育休止期に過湿にすると枯れやすいので、鉢植えのものは雨を避けましょう。

庭植えにする場合は、水はけの良い場所を選んで植えるようにします。

梅雨前、もしくは9月から10月に切り戻すとわき芽がよく発生し、こんもりとした株に仕立てることができます。

 

◆日当たり・置き場所

庭植えでは、水はけの良い日なたに植えつけましょう。

鉢植えは、風通しの良い日なたに置きます。

過湿を嫌うので、高温期の長雨には当てないようにしましょう。

 

◆水やり

庭植えには、特に水やりは必要ありません。

鉢植えでは、栽培期間を通じて土の表面が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。

乾燥には強いですが、過湿になると株が蒸れて立ち枯れたり、根腐れするので、水の与えすぎに気を付けましょう。

ルピナス

2018年4月7日    ,   , , , , ,

 

ルピナスは、蝶に似た小花が咲き上がる様子が藤を逆さまにした様に見えることから「ノボリフジ(昇り藤)」とも呼ばれます。

日本には明治時代に導入され、食料、肥料として利用されていましたが、現在では観賞用として楽しまれています。

花後に枯れる一年草、毎年花を咲かせる多年草、低木になる種があります。

多年草タイプのラッセルルピナスは、寒冷地では宿根して毎年雄大な花を咲かせますが、耐暑性が弱く、温暖な地域では一年草として扱われます。

 

◆日常のお手入れ

1シーズンで花を2回楽しむ為には、一番花の付けた花穂を満開が過ぎて少し枯れてきた頃に切り取ってしまい、ワキの芽を育てます。

小振りになる傾向がありますが、しっかりと花を付けます。

枯れてしまった花をそのままにしておくと、二番花を楽しめないこともあるので注意しましょう。

 

◆日当たり・置き場所

日当たりの良い場所が適切ですが、ある程度の日陰でも耐えられます。

冬の寒さには強く-5℃くらいまで大丈夫ですが、凍らせてしますと枯れてしまいます。

冬の水やりは午前中に行いましょう。

逆に夏の暑さには弱く、25℃を超すと生長が止まります。

特に苗の状態で夏越しする場合は、なるべく風通しの良い涼しい場所で管理するようにしましょう。

 

◆水やり

過湿にすると根腐れを起こしやすいので、乾燥気味に管理します。

土の表面が完全に乾いたら、たっぷり水をやるようにします。

冬は生長が鈍り水の要求量も少ないために、土の表面が乾いてから1から2日くらい空けてから水をやるようにします。

 

 

桔梗

2017年6月21日    ,   , , , , , , , , ,


◆季節・日常の手入れ ポイント
初夏に一通り花が咲き終わった後、茎を株元から1/3~半分くらいの位置で切り戻しを行います

◆日当たり・置き場所
日当たりよい場所が適しており、半日くらい日が当たれば問題なく育ちます。暑いのが苦手なので、夏は明るい日陰など、

直射日光の入らない場所に置きましょう。

耐寒性があり、凍結などで根がダメージを受けなければ特になにもせずに冬越しします。

◆水やり・肥料
水は土の表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。庭植えは真夏に乾くとき以外は必要ありません。

◆用土
有機質に富んだ水はけの良い場所が適しています。やや酸性気味の土を好むので、酸性を中和させる石灰を混ぜる必要はありません。

◆かかりやすい病害虫
害虫 アブラムシ ハダニ センチュウ

クルクマ

2017年6月19日    ,   , , , , , , ,


花名・花言葉の由来

花名の由来

属名(ウコン属)の学名「Curcuma(クルクマ)」は、アラビア語の「kurkum(黄色)」が語源となり、

根茎が黄色い染料の原料として使われたことに由来するといわれます。

通常「クルクマ・シャローム」の名で流通しています。英語では「Siam tulip(シャム(タイの旧名)のチューリップ)」とも呼ばれています。

花言葉の由来

上品なハスにも似た幻想的な花を咲かせるクルクマ。花言葉は「あなたの姿に酔いしれる」

 

クルクマ誕生花

8月22日

 

クルクマの本当の花

クルクマの花びらにみえるピンクや白い部分は花を守る苞(ほう)(つぼみを包んでいた葉)です。

本当の花は苞の中に隠れるように咲きます。

クルクマの開花時期

旬の季節: 
開花時期: 8月~9月

 

名称・原産地

科・属名: ショウガ科ウコン属
学名: Curcuma alismatifolia
和名: クルクマ・アリスマティフォリア
別名: クルクマ・シャローム、鬱金(ウコン)
英名: Siam tulip
原産地: 東南アジア